【浅煎り】ホンジュラス エル・グアカモーレ ハニー/ Honduras El Guacamole Honey(100g))

¥1,250

芳醇なマスクメロンのような滑らかな口当たり

今回のホンジュラスは、どのフルーツで表現しよう?と悩むほど、多彩なフルーツのハーモニーがあります。

メロンフレーバー、アロマはなかなか珍しいので、あえてピックアップしてカードにも表現しましたが、温度変化で声色が変わるコーヒーとしてぜひ楽しんでみてください。


Flavour

ピーチ、オレンジ、ジャスミン、ブラウンシュガー

焙煎士コメント

グラッシーなニュアンスの印象が強いホンジュラスですが、最近は本当に優秀なコーヒーが多いですね。今回のカップはその特徴がよく出たコーヒーだと思います。

焙煎としては、こちらも甘さ質感重視、また角のない優しいフルーツのニュアンスが表現できたらと思って調整しました。

精製がハニー(パルプドナチュラル)なので、表面の焦げ感が少し出やすですが、飲んでみると見た目よりも浅い印象を受けると思います。

Farm Information

農園名:エル・グアカモーレ農園

生産地:コマヤグア県サンセバスチャン、ラ・ペニータ

標高:1750m

栽培品種:カトゥアイ

精製処理: ハニープロセス

グレード:トップスペシャルティ


 Story of the coffee

サンセバスチャン地区は、コマヤグア県南部に位置し、ラパス県との境界にあたります。標高1500~1700メートルの地域で、北東の谷間からはカリブ海の暖かい気流が吹き込み、山からの冷気と交わることで独特の微気候が形成されます。比較的豊富な降水量と寒暖の調和が特徴で、夜間には気温が15℃まで下がります。また、肥沃な土壌は砂質の石灰土と粘土が混ざり合い、根が張りやすく、水分の保持と排水が両立しています。こうした環境で栽培されるコーヒーは、特にチェリーの完熟度が理想的であり、じっくりと時間をかけて養分を吸収し、均一に熟す恵まれた土地として知られています。

父から引き継いだエル・ロブラル農園は、50年以上の歴史を誇ります。2010年ごろから、スペシャルティコーヒーの生産に重点を置き始め、2013年にはCup of Excellenceを初めて受賞しました。その後も、コンスタントにCup of Excellence入賞を果たし続けています。農園はわずか1ヘクタールだった当時から、スペシャルティコーヒーの収益を活用し、毎年少しずつ拡大してきており、10年かけて10ヘクタールまで成長しました。また、COE受賞の賞金も、積極的に設備投資に充て、生産処理の品質向上に努めました。例えば、貯水槽の設置やコンクリートの発酵槽の強化など、衛生面の改善に力を入れました。

生産処理においては、ハニープロセスに特に注力しており、専用のビニールハウス型アフリカンベッドを使用しています。この施設では、ミューシレージを剥がさず、乾燥ムラにも気を配りながら、慎重に攪拌を行いながら乾燥を進めます。そして、15日間をかけてゆっくりと乾燥させ、水分活性値を整え、品質の長期的な維持に貢献しています。

また、肥料の管理にも細心の注意を払っており、5月、7月、9月には既製の肥料を3回施用します。さらに、8月にはカルシウム、鶏糞、牛糞、パルプから作った自家製の弱酸性肥料を使用し、土壌の維持保全に努め、品質と収量の安定性を向上させています。

ロサ・ディマス氏と日本の関係は、彼が初めてCup of Excellenceを受賞した2013年の翌年に、日本のバイヤーが彼の農園を訪れたことから始まりました。これは彼の農園にとって初めての海外バイヤーの訪問でした。その後、毎年日本に彼のコーヒーを届けることになり、彼の努力によって品質が向上していく様子に、多くの人々が感銘を受け、彼の信頼を得るようになりました。

2019年、再びCup of Excellenceに入賞したロサ・ディマス氏は、その年の優秀な生産者の1人に選ばれ、IHCAFEの案内で日本のスペシャルティコーヒーの展示会SCAJに来日しました。そこで自身のコーヒーが販売される様子や、多くの日本のコーヒーユーザーとの交流を通じて親交を深めました。

帰国後、彼はCup of Excellenceの賞金を投じて購入した農地、エル・グアカモーレ農園で最高のコーヒーを生産する新たな挑戦を始めました。この農園は、標高1750mに位置し、ロブラル農園と同じ山の上にあり、日照、気温、土壌が最高のコーヒーを作るのに適しています。農園の名前「Guacamole(ワカモレ)」は、日本での思い出に由来しており、農園に植えられたアボカドのシェードツリーに因んで名付けられました。

2023年には、在ホンジュラスの日本大使が農園を訪れ、視察と昼食を共にする経験をしました。そして、その光景がNHKの人気番組で放送され、日本の多くの人々を驚かせました。

こうして、ロサ・ディマス氏は日本との絆を深め、グアカモーレ農園を立ち上げてから4年が経過し、素晴らしいコーヒーを日本に届けています。

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

日向珈琲

〒883-0052

宮崎県日向市鶴町1-7-1

#SUBSCRIPTION | HYUGA COFFEE BOX

初回1,800円で始める定期便

【定期便】HYUGA COFFEE BOX(100g×3種類 / 送料無料)| サブスクリプション

【定期便】HYUGA COFFEE BOX(100g×3種類 / 送料無料)| サブスクリプション

¥3,000 ¥3,800
毎月、3種類以上の新しいシングルオリジンを仕入れている当店が最も力を入れているコーヒーボックス。
「いつも違うのが飲みたい」「コーヒー選びをプロに任せたい」
普段の一杯を毎日の最高の楽しみにしてみませんか?
初回購入以降、面倒なお手続きなく、自宅のポストにスペシャルティコーヒーをお届けします。
縛りなしで初回1,800円でお試しできます。