【浅煎り】エルサルバドル ディビナ・プロヴィデンシア オレンジブルボン ナチュラル / El Salvador Divina Providencia Orange Bourbon Natural

¥1,300

まるでフルーツキャンディを舐めているような甘い余韻。

エルサルバドルらしいピーチやチェリーのような果実感と甘さとバランスが取れたカップです。

今回は珍しいオレンジブルボン種なのですが、やっぱりブルボン系譜は美味しいですね。

飲んだことがない方はぜひこの甘さと果実感のハーモニーをご体感ください。

𝙁𝙡𝙖𝙫𝙤𝙪𝙧

フルーツキャンディ、シロップ、シルキー、クリーン、ハーモニー 

𝙁𝙖𝙧𝙢 𝙄𝙣𝙙𝙤𝙧𝙢𝙖𝙩𝙞𝙤𝙣

農園名:ラ・ディビナ・プロヴィデンシア農園

生産地:サンタアナ県ボルカン・デ・サンタアナ

標高:1650-1820m

栽培品種:オレンジブルボン

精製処理: ナチュラル

グレード:トップスペシャルティ

 

   𝙎𝙏𝙊𝙍𝙔 𝙊𝙁 𝙏𝙃𝙀 𝘾𝙊𝙁𝙁𝙀𝙀

/////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ディビナ・プロヴィデンシア農園は、パロ・デ・コンパーニャ地区に位置し、2002年に地元農家であるロベルトさんによって購入されました。ロベルトさんは当時、農家の4代目で、他の農園も運営していましたが、この地区の美しい環境に魅了され、この農園を手に入れる決断をしました。ディビナ・プロヴィデンシア農園は、地域内で最も標高の高い傾斜地に広がっており、最高標高は1820mに達します。

この農園は、1875年ごろの植民地時代にプランテーションとして設立され、その後も代々にわたって守り続けられてきた歴史ある土地でした。しかし、長い年月が経過する中で、ほとんどの部分が放棄されてしまいました。そこからディビナ・プロヴィデンシア農園の再生のプロジェクトがスタートしました。10年以上にわたり、徐々に農地を拡張し、現在では約70ヘクタールの広大な農園が再生されました。

この地域で生産されるコーヒーには、レッドブルボン、ケニアSL28、およびわずかな量のオレンジブルボンが含まれています。特に、ケニアSL28品種は、1900年代初めに近隣の生産者がアフリカから持ち帰ったと言われ、その後、パロ・デ・コンパーニャ地区を中心に広まりました。こうした伝統的なコーヒー品種の保存が、ディビナ・プロヴィデンシア農園のコーヒーが他のコーヒーと一線を画す要因となっています。

 

パロ・デ・コンパーニャ地区、ディビナ・プロヴィデンシア農園の所在地は、サンタアナ火山とイサルコ火山による地理的な恩恵を享受し、国内で最も豊かな火山性土壌を誇るエリアとされています。特に、ミネラルと有機微生物に富む砂質土壌が特徴的で、この土壌の存在は農園の持続可能性を高めています。また、農園内には100年以上の樹齢を持つ非常に古いコーヒー木が依然として存続しています。

ディビナ・プロヴィデンシア農園は、生産性は低くても個性的なコーヒー品種の栽培に情熱を傾けており、パロ・デ・コンパーニャ地区の特別な土壌環境と、収穫期においても平均気温が20-23℃という冷涼な微気候が、これらの品種の潜在能力を最大限に引き立てています。この組み合わせが、ディビナ・プロヴィデンシア農園を唯一無二の魅力的なコーヒー生産地として際立たせています。

 

この地域の特別な微気候の下で、ディビナ・プロヴィデンシア農園では収穫が非常に遅いタイミングで行われます。収穫は1月から4月にかけて行われ、この期間中にチェリーの熟度がゆっくりと増していきます。ナチュラルプロセスにおいて、収穫後にはフローターを取り除き、完熟したチェリーの実が収穫され、それらはアフリカンベッドと呼ばれる特別な乾燥ベッドに配置されます。アフリカンベッドは日陰になるように設置され、この地域の冷涼な気候も手伝って、35-40日かけて豆の水分を約11%まで減らす、非常に遅いドライプロセスが行われます。 チェリーは30分ごとにかき混ぜられ、ビニールハウス付きのアフリカンベッドと露天のベッドが組み合わせて使用され、豆の状態に応じて最適な乾燥環境を提供します。

また、ディビナ・プロヴィデンシア農園はカッピングにも精通し、各品種の風味を理解し、それぞれのプロセスで風味がどのように変化するかを注意深く検証しています。オレンジブルボン品種は、優れたカップバランスを持ち、繊細なボディとミカンのような甘さ、クリーンな酸味が特徴とされています。また、滑らかな質感と長いアフターテイストが楽しめます。ナチュラルプロセスを採用することで、オレンジブルボンの質感の良さが際立ち、レッドフルーツのようなアロマが現れ、風味に深みを与えると説明されています。

ディビナ・プロヴィデンシア農園は、2007年にCup of Excellenceで11位という成績で初めて受賞し、その後も品質向上に努力を惜しまず、2008年、2010年、2013年、2014年、2018年、2019年、2020年など、COEの常連となりました。さらに、2020年のCOEではパカマラ種のアナエロビックロットで1位を獲得し、これまでの多くの検証、投資、努力が実を結びました。

こうした彼らの情熱的なコーヒー生産は、世界中の多くのコーヒー愛好家を魅了しており、その品質と独自性は広く認められています。

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

日向珈琲

〒883-0052

宮崎県日向市鶴町1-7-1

#SUBSCRIPTION | HYUGA COFFEE BOX

6月はぶっ壊れ定期便

【定期便】HYUGA COFFEE BOX(100g×3種類 / 送料無料)| サブスクリプション

【定期便】HYUGA COFFEE BOX(100g×3種類 / 送料無料)| サブスクリプション

¥3,000 ¥4,780
毎月、3種類以上の新しいシングルオリジンを仕入れている当店が最も力を入れているコーヒーボックス。
「いつも違うのが飲みたい」「コーヒー選びをプロに任せたい」
普段の一杯を毎日の最高の楽しみにしてみませんか?
初回購入以降、面倒なお手続きなく、自宅のポストにスペシャルティコーヒーをお届けします。